読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちゃびーの小部屋

ちゃぶ台返し女子アクションと語る「女性らしく」から「自分らしく」へ

アメリカの大ちゃぶ台返し!と「幸せのキリン」

11月9日、アメリカの大統領選に共和党のトランプ氏が勝利したというニュースが世界を驚かせました。

アメリカは"Change "が好き。変化を恐れません。世界を変えたいと思うたくさんの人が「ちゃぶ台返し」をした。オバマの時もそうでした。それがアメリカの大統領選挙なのですね。

トランプ支持者の周辺はトランプ優勢と見ていました。メディアもデータもそうでなかったと見ている人は、バイアスがかったニュースにしか接していなかった可能性があります。

確かにトランプ氏の発言には耳を塞ぎたくなるものがあります。ただ、その発言の裏にある切実な声に耳を傾けることができていれば、結果は少し違ったかもしれませんね。

目に見えないものを排除したり、見えていることにさえ無関心を装っていないか、ポリティカル・コレクトネスを叫ぶ人も、もう一度周囲の些細だと思うことに関心を示すべきだったという気がします。

アメリカだけでなくちゃぶ台返しは世界のあちこちで起こっています。戦後70年以上が経ち、世界は変わろうとしています。米国の一国覇権からロシアや中国を入れた多国覇権の世界にシフトしようとする中で、日本はどう振る舞えばよいのか、私達は考えることができるでしょうか。

パクス・アメリカーナに取り込まれ、蔑ろにされたアジア諸国との対話の機会と沖縄の犠牲の上に成り立つ日本の”平和”が維持できなくなる時は、もうすぐそこまで来ました。

今こそ、顔を上げて目を見開き、世界を見渡し、変化を恐れず、どう生きていきたいのか考えて声にすることが必要なのでしょう。

「ひとりひとりがそうできるようになれますように。」

そんな思いから誕生したのが「幸せのキリン」の画。ジェノサイドを生き延びたルワンダのアーティスト、オーガスティン・ハキジマナの描いた優しさと強さと賢さを併せ持つキリンです。

f:id:chabujo:20161118084206j:plain

この私達のシンボルを冠にしたワークショップを12月4日に開催いたします。一緒に一歩踏み出す力を持つ女性を目指しませんか。

peatix.com