読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちゃびーの小部屋

ちゃぶ台返し女子アクションと語る「女性らしく」から「自分らしく」へ

「Seeing is Believing」! 実践ならではの満足感

12月4日の日曜日、汐留ビルディングで「メモ書き」ワークショップ第2弾を開催いたしました。早速、感想をお送りいただき、みなさまとシェアする許可を得ましたので、ここでご紹介させてください。

      ◆───-- - - -              - - - – --───◆

12/4にちゃぶ台返し女子アクション様主催、赤羽雄二先生(ゼロ秒思考著者)が講師のワークショップ“~思いを整理して行動のきっかけとしよう~スキルアップを目指す女性のためのワークショップ“に参加してきました。

 

9/24、10/8第1回講座「基礎編」(A4メモ書きでこころをスッキリさせよう)に引き続き、今回(第2回)のテーマは「行動編」。思いを整理しやるべきことを明らかにするには、という内容でした。

 

私自身は赤羽先生の著書を拝読しており「A4メモ書き」も個人で取り組んでいましたが、第1回ワークショップに参加していなかったため「内容についていけるか」「他の参加者と仲良くなれるか」など期待と不安を抱えての参加でした・・・が!ワークショップが始まると、赤羽ワールドに引き込まれあっという間の2時間半でした。

 

「もやもやするのは何故か」、そのベースにある「自己肯定感と自信」そして「自己の成長をどう促すか」など、参加者の多くが課題として抱えているであろうトピックスについて、「A4メモ書き」を活用した取り組み方法について、参加者同士のワーキングも交えながら実践的に教えて頂きました。

 

前半は、個人ワークによるA4メモ書き、後半はグループワークによるメモ書き内容の共有、フィードバックを中心に取組みましたが前半は、A4メモ書きを、実際に制限時間内に行うことで、時間の密度の濃さ頭のスッキリ感を経験することが出来、「Seeing is Believing」だなぁと実践ならではの満足感を得ることが出来ました。

 

後半は、自身が何に悩んでいるのか、自分だけでは気がつくことが出来ない点を客観的に指摘してもらい、また共有を通じて他の方が持つ視点も学ぶことが出来理解が2倍/3倍にも濃くなったと感じました。

ワークショップの熱気から、私だけでなく、他の参加者の方も同様に色々な気づきを得ていたようで、それも嬉しかったです。

(先生が時間ですといってもなかなかざわめきが収まらない時もありました。笑)

 

休日の午後のプライベートな時間を使って学びにくる、同じ意識を持った参加者が集まる場は、ポジティブなエネルギーがあり、何でも出来る可能性を持っています。

今回の活動を一過性に終わらせるのではなく、それぞれの持ち場・立場で行動し進捗報告できる場を増やすことで、世界を変える動きに少しでも貢献できればと思いました。

 

個人的な目標としては、まずは「メモ書き」を日々の生活に組み込み当たり前になるレベルに持っていきたいと考えております。

 

赤羽先生、ちゃぶ台返し女子アクション事務局の皆様、

示唆に富む貴重な時間をありがとうございました!!

      ◆───-- - - -              - - - – --───◆

Rikaさん、こちらこそ、ありがとうございました。

次回は来年2月5日です。是非また参加してくださいね。