読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちゃびーの小部屋

ちゃぶ台返し女子アクションと語る「女性らしく」から「自分らしく」へ

人は誰でも成長できる!

ちゃぶ台返し女子アクションで主催した10月8日の赤羽雄二さんのA4メモ書きワークショップがプレジデントNEXT「紙一枚のパワフルメソッド」セミナー編で紹介されました。(PRESIDENT 2016.12.15号別冊 Vol.21)

「情報を整理し、考えをまとめ、人に伝える技術」として『A4メモ書き』を
5ページに渡って徹底解剖した記事は、”たった「紙一枚」で仕事の質がさらに上がり、
私生活もより有意義に過ごせ、理想の自分、理想の人生に近づけるなら、こんなに
いい方法はない。”と結んでいます。取材班も感動されたようでした(笑)

そこで、11月15日に、日本経済新聞社の主催する丸の内キャリア塾のレギュラー
セミナーで再度、学んできました!

『”明日の自分”を変えるためのアクション〜「成長思考」で好循環を引き寄せる』
と題されたこの回は、特に、成長したい!と思う女性のために構成されたセミナー
でした。

今年7月に「成長思考」を書き下ろした赤羽さんは、「人は誰でも成長できる」と
言います。けれど、「どうやったら成長できるのかというノウハウや知恵が提供され
ていない」ことで、なかなか自信が持てない人が多いのだと。

成長を妨げる心理ブロックをはずせば、誰でも成長できる。ということで、そのノウ
ハウはここにある、と示してくれる。そんなセミナーでした。

平日の夜、大手町の日経カンファレンスホールは仕事帰りの女性ばかり150名の熱気
で一杯。メモ書きもして、ロールプレイングもして・・・ただ座って話を聞くだけの
講演会ではなく、自分が本気で学べる機会になるのが彼のセミナーの特徴です。
広い会場に女性150人の声が響くセミナーって、あまりないかもしれません。

メモ書きを隣の人とシェアするうちに、書き方も、アクティブリスニングも学び、い
つの間にか自分の意識も変わっているのに気づきます。きっと、意識が変わると、次
に行動も変わっていける、という予感。これが成長に繋がるのでしょうね。

それにしても、女性って書けなくても、話すとうまく説明するものだな〜と思いました。特に、話に耳を傾けたり、人を褒めたり、ポジティブなコメントをすることが本当に上手い。

「ポジティブ」は伝染するってホントですね。仕事場でや家で何があっても、「そうだね。すごいね。」と認め合い、みんなも頑張ってるんだ!と安心し、たくさんの言葉を交わす中で、互いに癒し、癒された夜でした。仲間を見つけること、応援し合うことが成長に必要だという意味を理解できた気がします。

セミナー後は主催の日経新聞さんが用意したお酒の試飲会・・・!?もあり、一緒に
参加した友人と一緒にホロ酔い!超ご機嫌で帰路についたのでした。

12月4日(日)午後には、ちゃぶ女主催で「ゼロ秒思考・行動編」ワークショップを開催します。成長できます!