読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちゃびーの小部屋

ちゃぶ台返し女子アクションと語る「女性らしく」から「自分らしく」へ

「ちゃぶ台返し」って…?!

皆さまこんにちは、Puuutaです。〈ちゃぶ台返し女子アクション(通称、ちゃぶ女)〉に仲間入りしてから、実はまだちゃぶ台を返したコトがない私…(汗)。

 いざ、ちゃぶ台返すとなったら、何て言おう、何を叫ぼう〜なんてニヤニヤしながら考えてみたら……「給料あげろー!」「無駄な仕事・作業は無くそー!」「お茶はセルフで〜!」

 

(!)あ、でもこれって私自身でどうにかできることではないか!?(給料アップ→転職する、仕事上の無駄な作業→上司に気づかれるまでそっとしておく(^m^)、お客様へのお茶出し→ちょっと時間がかかりそうだけど、老若男女関係無く当番を提案してみる?!セルフマシーン導入を提案…?!)

 

ちゃぶ台返し」を辞書で引くと、「ご破算にしてやり直させる」、「振り出しに戻す」という意味があるみたいだけど、私にとって「ちゃぶ台返し」って、あるものを無くすというよりも、変化を受け入れる際の「決意表明」なんだなー、とふと気付きました。

 そして、ふと、意志あるところに道はあるーWhere there is a will, there is a wayー(高校の時に習った英文(リンカーンの名言)、赤点ばかりだったけどこれだけは忘れないな〜〜)を思い出しました。

 

今、仲間と熱心に企画・運営している2/5(日)「A4メモ書き」ワークショップも、最初は心配事や愚痴などがメインだけど、その後、深掘りすると進んで受け入れたい変化を書き出して、自分にとってのプチ変化のための「決意表明」の機会になってるな〜って気付きました。

 

小難しいことは置いておいて、頭を整理してシンプルに考える方法を身につける、自分にとっての小さなプラスの変化を楽しみながら、変えられない大事なものはそのままに…。

  メモ書きWS、気になる方は是非来てください!ちゃぶ女主催としては当面予定がないので、これがラストチャンスです!!(週末の昼間に、この価格で赤羽氏の講義が受けられる機会は滅多にないですよ〜☆)

 ミニちゃぶ台返しもできます。ご破算にしたいことをぶちまけるもよし、日頃の鬱憤を晴らすのもよし、プチ変化への決意表明もよし、(ついでにプチ変化を応援してくれる仲間も見つかるかもしれない!)、皆さまのご参加をお待ちしております!!